notes
  • デリヘル動物園とは
  • 園歌
  • 動物ふれあい体験実話漫画
  • 動物一覧
  • 本日のふれあい展示動物
  • 今週のふれあい展示予定動物
  • 入園料
  • 本日の見どころ
  • 本日の体験イベント・割引
  • 園長・飼育員紹介
  • 園長日記
  • デリヘル動物園の遊び方
  • コスプレ・着ぐるみ一覧
  • 動物求人
  • 冠協賛個人
  • FC募集
キャストプロフィール
    しか

    プロフィール

    • 名前

      しか(18)

    • 身長

      0cm

    • バスト

      0(Acup)

    • ウエスト

      0cm

    • ヒップ

      0cm

    Q&A

      Q&Aがありません

    お店からのコメント

    草食性で、ウシのように4つに分かれた胃を持ち、反芻による消化を行う。

    オスは枝分かれしたツノを持ち、枝角(アントラー)と呼ばれる。多くのシカ科のメスはツノを持たないがトナカイはオスメス共にツノを持つ。
    ウシ科の動物のツノ(洞角)は骨の芯を角質が覆っており生え替わらずに一生伸び続けるが、シカのツノ(枝角)は骨組織からなり、毎年生え替わる。

    春季の生えたばかりの角は柔らかく表皮に覆われているが、秋季の骨化した角は固く、表皮は脱落する。
    体の大きさは体重6-8kg程度のプーズー (チリに生息) から、体重800kgにも及ぶヘラジカ (ムース) まで様々である。

    シカの蹄には、ヤマビルが穴をあけて寄生すること(有穴腫瘤)が知られており、ヤマビルの生息域の拡大にシカが関与していることが疑われている。

    世界各地の山野に数多く生息していたシカ科の動物はほとんどの民族の文化に対して古くから重要な影響を与えていたと思われる。
    後世の文化においては、シカは「俊敏」「非力」などの象徴として、また時には峻険な山岳地の象徴として用いられることがある。

    ギリシア神話では、月の女神アルテミスの水浴を見たアクタイオーンが鹿に姿を変えられている。
    道教の伝承に登場する仙人がしばしば乗騎とするのが白鹿である。太上老君は青牛を乗騎とするが、白鹿を乗騎としたという伝承もある。
    トナカイは古来ソリを引く使役や荷役にも利用され、クリスマスにサンタクロースのソリを引く『赤鼻のトナカイ』の伝説にもなった。
    鹿島神宮・春日大社などで神使とされる。古事記において、オオクニヌシに国譲りをさせる際、アマテラスは使者としてアメノオハバリを選び、
    その伝令にアメノカク(天迦久)を派遣したとあり、このアメノカクが鹿の神とされる(「迦久」は鹿児を意味する)。
    アメノオハバリは自分の代わりに息子のタケミカヅチをオオクニヌシのもとに差し向け国譲りを承諾させるが、このタケミカヅチが鹿島神宮の祭神であり、
    その後平城京鎮護のために春日大社にも分霊された。

    女の子からのコメント

    出勤情報

    • 8/18(THU)
      -
    • 8/19(FRI)
      -
    • 8/20(SAT)
      -
    • 8/21(SUN)
      -
    • 8/22(MON)
      -
    • 8/23(TUE)
      -
keyboard_arrow_up

PAGE-UP