かば

10 – 20頭のメスと幼獣からなる群れを形成して生活するが、乾季には100 – 150頭の群れを形成することもある。
オスは単独で生活するか、優位のオスは群れの周囲に縄張りを形成する。

口を大きく開ける・糞をまき散らす・後肢で蹴りあげる・鼻から水を出す・唸り声をあげるなどして威嚇し縄張りを主張するが
オス同士で犬歯で噛みつくなど激しく争うこともあり命を落とすこともある。

縄張りは頭や体を低くする服従姿勢をとれば他のオスも侵入することはできるが、他のオスが縄張り内で交尾することは許容しない。
8年以上同じ縄張りを防衛することもあり、このうちの1頭が12年縄張りを防衛した例もある。
昼間は水中で生活し、夜間は陸上に上がり採食を行う。

陸上での行動範囲は水場から3キロメートルだが、水場から最大で10キロメートル離れた場所で採食を行うこともある。
比重が水よりわずかに大きく体が水に沈むため水底を歩くことができ、また呼吸の際に肺を大きく膨らませることで浮かぶこともできる。
水中では泳がずに、後肢を後方へ伸ばし前肢だけで水底を移動する。
素早く水中を移動するときは後肢を用いることもある。
陸上では時速40km以上で走る能力を持つが、持久力に乏しく、長距離走は苦手[要出典]。

飼育下では体重4000キロのゾウ類は1日あたり約200キログラムの食物を食べるが、体重1500キロの本種は約50キログラムの食物を食べるとされる。
これは昼間に温度変化の少ない水中でほとんど動かずに、エネルギー消費を抑えているためと考えられている。

発情期間は2 – 3日。飼育下では交尾時間は12 – 17分の例がある。オスは生後5歳、メスは生後4歳程度で性成熟する。平均寿命は約30年。
繁殖力が高い反面、同じ一族の子孫による近親交配も多。

※各個体によりできるオプションに制限があります。
※ウィ〇ペディア参照(カバの特徴について)

りす

リスは一般に小型の動物だが、体長7 – 10センチ、大きさは多彩である。

樹上性リスは、毛のふさふさした大きな尾を持つ。地上性のリス(ジリス)は、樹上性リスに比べて尾は毛量が少なく、短いものが多い。
多くのリスは、体毛がやわらかく絹のように滑らかだが、中には厚い毛皮を持つものもある。

体毛の色は種によって(しばしば同種内ですら)非常に変化に富む東南アジアに生息するフィンレイソンリスは
いくつもの毛色の違うものが野生下で存在しており、花の蜜を食べるために長く伸びる舌をしている。

前脚は後脚よりも短く、足指は4または5本。しばしば前足の親指はあまり発達しておらず、足の裏にはやわらかい肉球がある
手先は器用で、腰をおろして座り、前足で食物を保持しながら食べることができる。

大きな目をもち、視覚は優れている。多くは顔のひげや脚の触毛で、狭い場所を通る際に幅を認識する[7]など、優れた体性感覚を持つ[4]。

歯は、典型的なネズミ目(齧歯目)の型をしている。
一対の門歯は、絶えず伸び続ける。こすり合わせることですり減らし、正常な長さを維持する
犬歯を持たないため、門歯の後ろは歯隙(しげき、歯のない部分)となっている。

シマリス属やジリスには、頬の内側に「頬袋」と呼ばれる袋状の構造がある。頬袋には柔軟性があり、たくさんの食物を頬張って運ぶことができる。

モモンガやムササビは、木から木へと滑空して移動する際にパラシュートの様な働きをする飛膜を持つ

※各個体によりできるオプションに制限があります。
※ウィ〇ペディア参照(りすについて)