かば

10 – 20頭のメスと幼獣からなる群れを形成して生活するが、乾季には100 – 150頭の群れを形成することもある。
オスは単独で生活するか、優位のオスは群れの周囲に縄張りを形成する。

口を大きく開ける・糞をまき散らす・後肢で蹴りあげる・鼻から水を出す・唸り声をあげるなどして威嚇し縄張りを主張するが
オス同士で犬歯で噛みつくなど激しく争うこともあり命を落とすこともある。

縄張りは頭や体を低くする服従姿勢をとれば他のオスも侵入することはできるが、他のオスが縄張り内で交尾することは許容しない。
8年以上同じ縄張りを防衛することもあり、このうちの1頭が12年縄張りを防衛した例もある。
昼間は水中で生活し、夜間は陸上に上がり採食を行う。

陸上での行動範囲は水場から3キロメートルだが、水場から最大で10キロメートル離れた場所で採食を行うこともある。
比重が水よりわずかに大きく体が水に沈むため水底を歩くことができ、また呼吸の際に肺を大きく膨らませることで浮かぶこともできる。
水中では泳がずに、後肢を後方へ伸ばし前肢だけで水底を移動する。
素早く水中を移動するときは後肢を用いることもある。
陸上では時速40km以上で走る能力を持つが、持久力に乏しく、長距離走は苦手[要出典]。

飼育下では体重4000キロのゾウ類は1日あたり約200キログラムの食物を食べるが、体重1500キロの本種は約50キログラムの食物を食べるとされる。
これは昼間に温度変化の少ない水中でほとんど動かずに、エネルギー消費を抑えているためと考えられている。

発情期間は2 – 3日。飼育下では交尾時間は12 – 17分の例がある。オスは生後5歳、メスは生後4歳程度で性成熟する。平均寿命は約30年。
繁殖力が高い反面、同じ一族の子孫による近親交配も多。

※各個体によりできるオプションに制限があります。
※ウィ〇ペディア参照(カバの特徴について)

ねこ

愛玩用家畜として同じく一般的なイヌに比して、ネコは飼育開始の時期が遅いが、これは家畜化の経緯の相違による。
イヌは狩猟採集民に猟犬や番犬として必要とされ、早くから人の社会に組み込まれたが、ネコは、農耕の開始に伴いネズミの害が深刻にならない限り有用性がなく
むしろ狩猟者としては競合相手ですらあった。

その競合的捕食動物が人のパートナーとなり得たのは、穀物という「一定期間の保管を要する食害を受けやすい財産」を人類が保有するようになり、
財産の番人としてのネコの役割が登場したことによる。また、伝染病を媒介する鼠を駆除することは、結果的に疫病の予防にもなった。
さらに、記録媒体として紙など食害されやすい材料が現れると、これを守ることも期待された。

日本には平安時代に倉庫の穀物や経典類の番人として輸入されたことにより渡来してきたものと考えられてきたが
近年の研究では移入期が紀元前2世紀の弥生時代までさかのぼる可能性が出てきた。

農耕が開始され集落が出現した時期の中東周辺で、山野でネズミやノウサギを追っていたネコがネズミが数多く集まる穀物の貯蔵場所に現れ
棲みついたのが始まりと考えられている。

穀物には手を出さず、それを食害する害獣、害虫のみを捕食することから双方の利益が一致し、穀物を守るネコは益獣として大切にされるようになり
やがて家畜化に繋がった。

ぶた

野生のイノシシと同様、土中の虫や植物の根・球根を掘り返して食べるため、他の家畜と違って硬い鼻先と強大な背筋を備えている。
木製の柵では横木を鼻先で押し上げて壊してしまう。
オスの牙も強い背筋を生かせるよう上向きに生えており、人間のような丈の高い動物を敵と認識すると、突進して鼻先を股ぐらに突っ込み、頭部を持ち上げながら強くひねる。

野生時代の名残ともいえるこの行動を「しゃくり」といい、まともにしゃくり上げられると大人でも数メートル飛ばされたり、
牙で深く傷つけられたりする。太ももの内側を走る大腿動脈が傷つけられると、失血死するほどの大量出血を招くこともあり、日本で小規模養豚が多かった時代には、
年に数人は、しゃくり上げによる死者が出ていた。

ヘビ毒の影響を受けないようニコチン性アセチルコリン受容体を突然変異させた知られうる4種の哺乳類の内の一つ。

野生ブタの体脂肪率は13パーセントほど。ガツガツと食事を取る人物を指して「ブタのように食べる」、散らかっていて汚い部屋を「豚小屋」などと
形容することがあるが、ブタの生命力が強いため荒れた飼育環境でも飼育できることからなどによる。

ブタは知能が高く、清潔を好む生物であり、排泄をする場所は餌場や寝床から離れた決まった一ヶ所に決める習性がある。
類人猿、イルカ、ゾウ、カササギ、ヨウムに加えてブタも鏡の存在を認知できる「鏡映認知」が確認された数少ない動物である。

ペットとして飼われていたブタが、心臓発作を起こした飼い主のために、道路に出て横たわり助けを求めた事例がある。