りす

リスは一般に小型の動物だが、体長7 – 10センチ、大きさは多彩である。

樹上性リスは、毛のふさふさした大きな尾を持つ。地上性のリス(ジリス)は、樹上性リスに比べて尾は毛量が少なく、短いものが多い。
多くのリスは、体毛がやわらかく絹のように滑らかだが、中には厚い毛皮を持つものもある。

体毛の色は種によって(しばしば同種内ですら)非常に変化に富む東南アジアに生息するフィンレイソンリスは
いくつもの毛色の違うものが野生下で存在しており、花の蜜を食べるために長く伸びる舌をしている。

前脚は後脚よりも短く、足指は4または5本。しばしば前足の親指はあまり発達しておらず、足の裏にはやわらかい肉球がある
手先は器用で、腰をおろして座り、前足で食物を保持しながら食べることができる。

大きな目をもち、視覚は優れている。多くは顔のひげや脚の触毛で、狭い場所を通る際に幅を認識する[7]など、優れた体性感覚を持つ[4]。

歯は、典型的なネズミ目(齧歯目)の型をしている。
一対の門歯は、絶えず伸び続ける。こすり合わせることですり減らし、正常な長さを維持する
犬歯を持たないため、門歯の後ろは歯隙(しげき、歯のない部分)となっている。

シマリス属やジリスには、頬の内側に「頬袋」と呼ばれる袋状の構造がある。頬袋には柔軟性があり、たくさんの食物を頬張って運ぶことができる。

モモンガやムササビは、木から木へと滑空して移動する際にパラシュートの様な働きをする飛膜を持つ

※各個体によりできるオプションに制限があります。
※ウィ〇ペディア参照(りすについて)

うさぎ

全身が柔らかい体毛で覆われている小型獣である。
最大種はヤブノウサギで体長 5076 cm。毛色は品種改良もあって色も長さも多彩である。
多くの種の体毛の色彩は、背面は褐色・灰色・黒・白・茶色・赤茶色・ぶち模様などで、
腹面は淡褐色や白である。

他の獣と比しての特徴としては、耳介が大型なことが挙げられる。
兎形目内では耳介があまり発達していない種でも、他の哺乳綱の分類群との比較においては
耳介比率が大きいといえる。音や風のするほうへ耳の正面が向くよう、耳介を動かすことができる。

眼は頭部の上部側面にあり広い視野を確保することができ、
夜間や薄明薄暮時の活動に適している。鼻には縦に割れ目があり、上部の皮膚を可動させることで
鼻孔を開閉することができる。門歯は発達し、一生伸びつづける。

かつてはこの門歯の特徴をもってネズミと同じ齧歯目の中に位置づけられていた。
しかし、上顎の門歯の裏側に楔形の門歯があるものをウサギ目として
独立した目分類がなされるようになった

かつてネズミの仲間と分類されていたように、肉食であるネコやイヌとは異なる点が多く
多くの種のウサギの足の裏には肉球はなく、厚く柔らかい体毛が生えている。

前肢よりも後肢が長く、跳躍走に適している。
前肢の指は5本、後肢の趾は4本で、指趾には爪が発達する。体全体は丸みを帯び、尻尾は短い。

ストレスには非常に弱く、絶えず周囲を警戒している。

※各個体によりできるオプションに制限があります。
※ウィ〇ペディア参照(うさぎの特徴について)